×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
  小規模企業共済のメリットデメリット
HOME
事業概要
事例
概要
  このサイトでは個人事業主などが
加入する小規模企業共済の
デメリットを考察


※このサイトは加入を促進・否定するという目的ではございません。
個人的に検証しただけの情報です。
間違いには特にご注意ください。
  主なメリット

事業を止める時や65才まで加入していれば、かなりの節税分と合わせてかなり高い利回りになる。(150%前後)

掛け金は全額所得控除になるので節税に。

掛け金は1000円から70000円まで収入などに応じて変更することができる。
  主なデメリット
所得などによりますが、0〜15年程度で脱退すると節税分を合わせても元本割れする恐れがあります。

途中で引き出したりはできません(資金繰りとして借りることはできるようです)

共済金などには退職金・所得などとして税金がかかります。
※中途退会の場合、解約手当金が元本割れする上に更に所得税がかかる。

若い人の場合は、20,30,40年後制度自体がどうなっているのかという不安がわくかも。
ブログこのサイトの内容は情報の正確性を一切保障しません。.